スポンサーリンク

パピエダルメニイ トリプルの紙のお香、消臭効果に優れている

車内のカビ臭さに困っていた時に色々探していて、このパピエダルメニイの紙お香に巡りあいました。

 

紙のお香は初体験だったのですが

空気を浄化する紙のお香とゆうことで気になって買ってみました

 

商品説明

papier d’armenie(パピエダルメニイ)トリプル アルメニイ

トラディショナル / バニラとバルサミックノートが東洋を想わせる香り

  • パピエダルメニイは安息香の木から採取したベンゾイン樹脂を含んでおり、この成分が空気を浄化します。
  • タバコ、揚げ物、猫のトイレなどに匂いを中和します。
  • 空気中にバクテリアや伝染病のウイルスがあるようなところでの使用もお勧めします。
  • 風邪の感染予防にも効果があります。
  • パピエダルメニイの香りは衣服や家具に染みつくことはありません。
  • 1885年にフランスで発売され、現在でも世界的に好評を得ています。

 

とこんな感じで、説明文にかなり惹かれました、風邪を予防したり菌を抑制してくれるとゆうのもありがたい所です!

フランスでは昔から愛用されているみたいですよ♡

印字されている文字も可愛いですね~(*´∀`*)

imgrc0063831835

使い方

  1. パピエを1枚切り離し、アコーディオンのようにジャバラに折ります。
  2. 次に不燃性の容器の上に置き、火をつけ、すぐに燃え尽きないよう炎は吹き消します。
  • 燃焼時間 約3分

私は100均で買ったお香やロウソクをおけるガラスのお皿にのせて焚いています。
焚かずに、クローゼットに置いたり、小さくちぎってちょっとずつ使うのもいいかと思います。
サシェのようにほんのり香りがつくと思いますよ。

原材料・成分

紙、香料
原材料はこれだけなんです。
自然な甘い香りで、とても心地よくなります。

お部屋や車内で焚く時は、少し窓を開けて焚くことをおすすめします。
消えたあとは少し煙の匂いが充満しますが、時間がたつとバニラのようなアンティーク感漂う香りがします。
数日はこの香りに満たされています。
レトロなデザインにレトロな香り、少しタイムスリップしたような気分になりました。
なんだかセレブ感がします。笑

普通のお香に飽きた方、紙のお香を試してみてはいかがでしょう。

香りは三種類
トラディショナル / バニラとバルサミックノートが東洋を想わせる香り

アルメニイ / インセンストミルが溶け込んだウッディーバニラの芳しい香り。

ローズ / イランとトルコのふたつのローズにフルーティーさが加わったメローな香り。

コメント